爪の構造 - 美爪の休日

ネイルと同時に爪ケアができる、爪に優しい美容液ネイル

爪の構造

作成 by 美爪

爪の構造

ツメは医学的には爪甲(そうこう)と呼ばれ、毛が生える仕組みににています。

爪の付け根の部分を爪根(そうこん)といい、毛でいう毛根に相当し、そこに爪母細胞がありますます。

この毛母細胞が毛を生み出すように、爪母細胞が爪を生み出しています。

爪の下にある皮膚を爪床と呼びます。

爪の色は、爪床の皮膚の色で決まります。

つまり血行がよければ、血液の色が透けてきれいなピンク色に見えます。

タバコの吸いすぎなどで血行不良気味の人は、暗赤色になります。

爪母だけでなく爪床からも爪は作られており、たとえば爪が剥がれた場合は、爪の再生には.爪床の働きが重要に なります。

甘皮と言われる爪上皮は、爪根部分を保護する役割をもちます。

爪の根もとに白い半月状の部分が見えますが、これは爪半月と呼ばれ、完全に角化していない新しい爪です。

爪半月の大小が健康状態を反映するというのは俗説です。

 

自然な輝きを生み出す電動爪磨き爪研磨機

小さくて絶妙、持ち運びに便利で、低振動、低騒音、操作しやすく、いつでもどこでも安心に使用できます。

二つのギアスピードがあって、細かく研磨で、健康マニキュアで、ネイルポリッシュの傷害と別れて、あなたの爪はゼリーのような潤滑と光沢が出てきます。

ガールフレンドを送り、同僚を送り、親を送り、これは完璧なホリデーギフトです。